鬼岩崎?・・・せいろ則。臥薪嘗胆!・・・大広告代理店企業の電通の鬼十則(社則)とは違いますが・・・東京の経営者が考える『働き方』

「自分だけの生き方」をリサーチ・発信人・社長・作家(エッセイ)のつぶやきまとめ
まとめTOP→→→
■ 鬼岩崎?・・・せいろ則。臥薪嘗胆!・・・大広告代理店企業の電通の鬼十則(社則)とは違いますが・・・東京の経営者が考える『働き方』

日本は勿論、世界においても大広告代理店企業の電通・・・

知る人の中では有名な「鬼十則」

先日のニュースにより一般の方々にも知れ渡ったこの社則
(今は多く使われていないようですが・・・)

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。


その昔、ある先輩から聞いたこの電通10訓
ニュースにより思い出しまいした・・・


因みに、
僕の個人則は・・・

出来ない理由を考えるより
出来る理由を考える!


そして、

直ぐやる
出来るまでやる
それをやり続ける

臥薪嘗胆!



ですm(__)m



因みに、
コレ、40代後半になってもまだまだ修行中ですが・・・

「臥薪嘗胆の心」だけはいろんな部分で持ち続けています
ネチッこい性格なんすかね・・・^^;
(親父譲りか?^^;→→→「経営者、70歳を超えた親父からの写メをもらう・・・ 中国の先生に教わった十五夜の水墨画
2016-10-25
カレンダー
カテゴリー
最新記事
岩崎せいろ エッセイ

岩崎せいろ

ぶった斬り博士